循環器内科

IMG_7209

循環器内科はおもに動脈硬化などによって起こる心臓病や血管病の専門科です。

代表的な疾患としては、高血圧症、糖尿病、脂質異常症、喫煙などの生活習慣病を始めとして、心房細動などの不整脈、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓弁膜症、心筋症、大動脈瘤、急性または慢性の心不全、さらには脳梗塞、心原性脳塞栓症などの血栓性疾患などです。

わかりやすく言うと、心臓の血管や全身の血管が詰まったり、破れたり、破裂したりといった「血管の故障」を防ぐための診療科です。特に心臓の血管、脳の血管、腎臓の血管、目の血管などが故障してしまうと生活の質を著しく低下させてしまうため、予防が非常に重要となります。血管の故障を引き起こす動脈硬化と生活習慣病の予防、管理を一緒にやっていくのが循環器内科です。

また、すでに高血圧症、脂質異常症、糖尿病、心不全等の診断が付いており現在治療中という方は、特に生活習慣病の治療においては治療を途中で辞めたりせずにきちっと継続して治療していくことが何よりも重要です。平日夜間、土日休日と診療していますので、通院しやすいという理由からお越しになる方も多くいらっしゃいます。その場合は今の治療の内服薬など簡単にわかるものがあると助かります。どんなことでもお気軽にご相談ください。

push


注意:しばしばお問い合わせいただくので注意点です。循環器内科は心臓の血管が専門になります。足の血管に関する症状については循環器内科ではなく血管外科が専門になります。下肢静脈血栓症、下肢閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤などは下肢エコー、下肢血管造影の検査設備がある血管外科へ受診ください。当院から検査を手配することも可能ですが検査結果が出るのが一週間後になってしまいます。都内の医療機関検索は以下の東京都等が運営するものが役に立ちます。

東京都保健医療情報センターひまわり:☎ 03-5272-0303

東京消防庁救急相談センター:☎ 03-3212-2323 (または#7119)

東京都医師会「夜間・休日診療案内」


もちろん誰しも循環器病にならないに越したことはありません。循環器病にならないためには以下のような生活習慣を日常で心掛けることがよいとわかっています。あなたはいくつ当てはまりますか。

・喫煙をしていたら禁煙をしましょう。
・塩分を取り過ぎていたら減塩をしましょう。
・運動不足であれば適度な運動習慣を身に付けましょう。
・油ものの取り過ぎに注意しましょう。
・糖分、炭水化物の取り過ぎに注意しましょう。
・太り気味であれば減量をしましょう。
・お酒の飲み過ぎに注意しましょう。
・ストレスをため込まないようにしましょう。
・定期的に家庭血圧を測りましょう。
・定期的に脈拍チェックをしましょう。
さて、いかがでしょうか。恥ずかしながら私は半分も出来ていません。一緒にやっていきましょうというのはそういう意味です。キニナル項目があれば一度循環器内科を受診ください。簡単な問診と採血、心電図のみで多くの循環器病のリスクをチェックすることが出来ます。


循環器内科の進歩は目覚ましく、特に急性心筋梗塞では緊急のカテーテル治療が最も重要で、その場合はカテーテル可能な適切な病院へ救急搬送が必要となります。またもしも目の前で人が倒れる場面に遭遇した場合に備え、定期的に心肺蘇生法の講習の「ハートレスキューコース」を開催しています。職場や学校など団体での開催も対応可能ですのでお気軽にお問合せください。

日本初の人命救助支援アプリ「ハートレスキュー」のページはこちら。

http://ochanomizunaika.com/heartrescue


 

PAGETOP