院長紹介

【院長紹介】

五十嵐健祐(いがらしけんすけ)

医療法人社団お茶会お茶の水循環器内科院長

igarashi

2012年、慶應義塾大学医学部卒。群馬の脳卒中病院にて救急、循環器内科、神経内科、精神科、緩和ケアに従事。2013年、国立循環器病研究センターにて短期研修。新宿、渋谷、池袋、上野、秋葉原にて総合内科、心療内科、整形外科、皮膚科に従事。2014年9月、東京都千代田区にお茶の水内科開設。2018年3月、医療法人社団お茶会設立、お茶の水循環器内科院長。高血圧症、脂質異常症、糖尿病、メタボリック症候群等の生活習慣病、心房細動、喫煙、ストレス性疾患等の心血管疾患の危険因子の予防と治療、心血管疾患の一次予防がライフワーク。

デジタルハリウッド大学校医兼特任准教授、デジタルハリウッド大学大学院にてデジタルヘルスラボ運営。心房細動検出アプリ「ハートリズム」、応急救護支援アプリ「ハートレスキュー」、睡眠時無呼吸検出アプリ「イビキー」、かかりつけ患者さん向けオンライン診療サービス「お茶の水内科オンライン」開発、誰でも無料でオンラインで医療を学べる情報サイト「お茶の水内科大学」、歩けば歩くほど健康でお得になるアプリ「おちゃないGO」開発。

群馬県高崎出身、現在は神田神保町在住。趣味は温泉と居酒屋巡り。お茶の水と神保町は浪人生時代を過ごした思い出の場所です。「世の中から救えるはずの病気をなくすこと」を使命に頑張っています。

お問合せ等、facebookページからお気軽にコンタクトください。

https://www.fb.com/igakeso


 

PAGETOP