禁煙宣言

「お茶の水循環器禁煙宣言2018」を作りました。喫煙は心血管疾患の最大のリスク因子の一つです。当院は形態を問わず煙草の煙への暴露を防止します。当院は「「お茶の水循環器禁煙宣言2018」を作り、2018/3/1から実践します。具体的には、

(1)当院スタッフは全て非喫煙者とします。当院はニコチン依存状態の医療従事者を採用しません。

(2)喫煙者は速やかに禁煙外来を紹介します。形態を問わず煙草の煙への暴露は有害です。喫煙者は喫煙後最大8時間、呼気から有害物質が排出され続けているとの報告もあり、受動喫煙という形で当院のかかりつけ患者さんに健康被害を与える危険性があります。当院のかかりつけ患者さんは心血管疾患のハイリスクであるため、喫煙者にはまず禁煙治療を紹介することで、院内における受動喫煙被害を防止します。禁煙外来を実施中の医療機関についてはこちらをご覧ください。

https://map.sugu-kinen.jp/p/kinenmap

(3)煙草の形態を問わずニコチン依存症を治療します。従来型のタバコ、電子タバコ、加熱式タバコ、いずれもニコチンへの依存が根本的な原因であることは共通であり、ニコチン依存症に対する治療が第一であると当院は考えています。

(4)当院は喫煙者に対する禁煙治療を全ての治療に優先します。具体的には、心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、気管支喘息等の呼吸器疾患、ほとんどの癌において、喫煙は明らかなリスク因子です。例えば、喫煙者で血圧高値の場合は、まずは喫煙に対する禁煙治療を優先し、禁煙後もなお血圧高値を認める場合は、高血圧症に対する治療を開始するという診療指針とします。なぜならば、明らかに有害である物質を摂取している場合、国民医療費を使った降圧薬による薬物治療よりも先に、有害物質の摂取に対する介入が優先的であると当院は考えるからです。喫煙を吸わない、かつ血圧の薬も必要ない状態、これが一番健康的であり、実際、当院においては何名も達成しています。喫煙の健康被害については下記ページをご覧ください。

http://sugu-kinen.jp/harm/disease

当院の診療指針にご理解いただけない場合は他の医療機関をご紹介していますが、予めご了承ください。


 

PAGETOP