東京都 千代田区 お茶の水 神保町 水道橋 夜間 土曜 日曜も診療の内科 循環器内科です。

診療案内

お茶の水内科の診療時間割です。

%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%99%82%e9%96%93%e5%89%b2

診療曜日は、月、水、木、金、土、日です。水曜は後半のみの診療です。火曜、祝日は休診です。

前半診療:11:00~14:00(11:00受付開始、13:45受付終了)

後半診療:16:00~20:00(16:00受付開始、19:45受付終了)

14:00-16:00は休憩時間です。予約制ではありませんので、診療受付時間内に直接受付までお越しください。

 

お茶の水内科の診療カレンダーです。(随時更新)


「○」は通常通り診療しています。毎週水曜の「後半」は後半のみの診療(16:00-20:00、16:00受付開始、19:45受付終了)です。「祝」は祝日休診で、「休」は学会出張等の臨時休診です。こちらカレンダーの情報が最新で確実な情報です。カレンダーが「○」になっていれば土日も通常通りに診療中です。直接受付時間内にお越しください。


【ご挨拶】

お茶の水内科院長の五十嵐健祐(いがらしけんすけ)と申します。当院はお茶の水の駿河台下交差点近く、神保町の靖国通り沿いにある内科、循環器内科です。平日日中お忙しい方も通院しやすいように、平日夜間、土日休日と診療しています。2016年5月に神保町の靖国通り沿いにお引越ししました。お近くにお勤めの皆様、地域にお住まいの皆様のために、丁寧かつわかりやすい診療を心掛けています。どうぞよろしくお願い申し上げます。


【更新情報】(2017年3月17日更新)

2017/3/18(土)と3/19(日)は金沢で開催の日本循環器学会参加のため休診とさせていただきます。また、3/20(月)は祝日(春分の日)のため休診です。毎週火曜は定期休診、水曜は後半のみの診療になりますので、ご注意ください。それ以外は3月は通常通り診療です。よろしくお願いいたします。

(2017年2月15日更新)

・アレルギー性鼻炎→http://ochanai.com/allergicrhinitis

今年も花粉症の季節がやって来ました。花粉症治療においては一人ひとりに合った治療スタイルを見付けて行くことが大切です。毎年ご愛用の花粉症治療薬があれば遠慮なく受付または主治医までお伝えください。特に決まっていない場合、上記の早見表をご参考ください。内服薬だけではなく、点眼薬、点鼻薬、外用薬、漢方薬も全て内科で処方可能ですのでお気軽にご相談ください。症状が安定していることを確認出来れば、当院の方針として出来るだけ通院の負担にならないよう、30日分、60日分、最大の90日分と長期処方にも応じています。遠慮なくお気軽に受付または主治医までご相談ください。

(2017年1月11日更新)

風邪の自宅療養についてまとめました。風邪は自然治癒することが特徴の急性のウイルス性感染症です。風邪の治療は主に対症療法です。市販で手に入るもので、風邪の自宅療養についてまとめました。自然治癒することが特徴であるため、特に薬を飲まなければならないという決まりはありません。また明らかに風邪であれば医療機関を受診する必要は必ずしもありません。医療機関を受診する意味は、風邪と似ている症状で風邪ではない疾患、インフルエンザ、扁桃炎、副鼻腔炎、肺炎、マイコプラズマ、百日咳、クラミドフィラ、気管支喘息や咳喘息、などの治療が必要な疾患を鑑別するためです。詳しくまとめましたのでご覧ください。

風邪の自宅療養→http://ochanai.com/coldhomecare

(2017年1月6日更新)

お茶の水内科へ新しくかかりつけで受診される方へ。転勤や転居、近隣の医療機関の閉院等に伴って新しくかかりつけ医をお探しの方が増えています。当院は基本的に標準的な医療指針にもとづいて標準的な医療を提供していますが、いくつかお茶の水内科の診療指針をご紹介しておきます。下記に具体的にまとめましたのでご覧ください。

http://ochanomizunaika.com/2017-0107

(2017年1月6日更新)

お茶の水内科の採用情報を更新しました。お茶の水内科では現在下記スタッフを募集しています。

・受付事務スタッフ(常勤、非常勤)

・看護師(常勤、非常勤)

・臨床検査技師(常勤、非常勤)

採用情報→http://ochanomizunaika.com/recruit

詳しい募集要項は上記ページに記載いたしました。お茶の水内科で働いてよかったと思っていただけるような場所にしたいです。まずは見学から、どんな場所か見てみたい、実際に話を聞いてみたい、という方はお気軽にご連絡ください。お問合せは上記採用案内のページをご覧ください。

(2016年12月15日更新)

インフルエンザと接触してしまった、が、確実に発症を予防したいという場合に、インフルエンザ予防投与という手段があります。インフルエンザ治療薬を予防投与という投与方法で使うことで発症リスクを低減させることが可能です。お茶の水内科では、大人の場合、イナビル、タミフル、どちらも5000円(税込)で予防投与を院内処方可能です。インフルエンザ予防投与について詳しくまとめましたのでご覧ください。

インフルエンザ予防投与→http://ochanai.com/influenzaprophylaxis

(2016年12月14日更新)

ノロウイルスの検査には便検査が必要です。当院には便検査の設備がないため、ノロウイルスの検査が出来ません。嘔吐や下痢などの胃腸炎症状で、細菌性かウイルス性か、感染性かそうでないか、を調べることが出来ません。検査を希望の方は便検査等が可能な総合病院や消化器内科を受診ください。また当院には点滴設備がありません。点滴を希望の方は総合病院を受診ください。当院の胃腸炎症状の診療指針を下記ページに詳しくまとめましたので、受診の際にご参考ください。

胃腸炎→http://ochanai.com/gastroenteritis

(2016年12月12日更新)

as

抗菌薬の適正使用についてまとめました。抗菌薬(いわゆる抗生物質)の不適切な使用が問題になっています。抗菌薬は細菌性の感染症に対してのみ効果があり、細菌以外の感染症には無効です。例えば風邪やインフルエンザはウイルス性の感染症であり抗菌薬が無効である疾患の代表です。当院では医師の診察の結果、細菌性の扁桃炎や細菌性の肺炎など細菌性の感染症であると医師が診断し、抗菌薬を使っての治療が必要であると判断した場合のみ、必要十分な抗菌薬を必要十分な量、処方しています。細菌性の感染症以外に抗菌薬を処方することは無効であるばかりではなく、地域に耐性菌を生み出し地域の感染症治療を困難にするなど有害ですらあります。当院を受診される際には抗菌薬の適正使用をどうか十分にご理解の上ご受診ください。

抗菌薬の適正使用→http://ochanai.com/antibacterialdrugs

(2016年11月15日更新)

test

2016年12月現在、お茶の水内科で対応可能な検査をまとめました。今年春のお引っ越し以降、レントゲン室が完成し、エコー検査が出来るようになって、一般的に内科的なものであればほとんどのものが対応可能な状態になりました。内視鏡、CT、MRIは、必要に応じて提携医療機関にご紹介しています。当院には便検査、点滴設備、入院設備がありませんのでご注意ください。

 

(2016年8月28日更新)

お茶の水内科コラムを始めました。病気や薬に関する色々な玉石混合な情報洪水な今の世の中、なるべくわかりやすく、正しい医療の情報を届けていかなければという思いで始めました。まずは高血圧症、脂質異常症、糖尿病、喫煙、心筋梗塞、高尿酸血症などまとめました。これからも色々なテーマで診療の合間で頑張って続けていきますので、どうぞご覧ください。

お茶の水内科大学→http://ochanai.com

(2016年7月1日更新)

検診メニュー表20160626

お茶の水内科で検診を受けられるようになりました。検診メニュー表(クリックで拡大)を作りました。血液検査が必須項目にある場合、結果が出るまでに3-4日間程度掛かりますので、余裕を持ってお越しください。採血検査が必須項目にない場合、その場で健康診断書発行が可能です。検診は30分程度が掛かりますので、事前にお問合せいただき、予約制でやっています。

(2015年10月1日更新)

受診料概算表

初めて受診する際どれくらい費用が掛かるのか、概算表(画像クリックで拡大)を作ってみました。だいたいの概算の目安としてご参考ください。保険証をお忘れですと10割お預かりになりますのでご注意ください。

facebook-new

お茶の水内科公式facebookページでも随時情報更新中です。


【地域医療連携】(2017年1月1日更新)

専門性や緊急性に応じて近隣にある高次医療機関と地域医療連携を図っています。

<千代田区、文京区、中央線、山手線沿線の高次医療機関(一部)>

東京医科歯科大学医学部附属病院

順天堂大学医学部附属順天堂医院

日本大学病院

神尾記念病院

心臓血管研究所付属病院

メディカルスキャニングお茶の水

お茶の水駿河台クリニック

心臓画像クリニック飯田橋

ユアクリニックお茶の水

東京外科クリニック

御茶ノ水呼吸ケアクリニック

お茶の水血管外科クリニック

さとう消化器内科

神保町駅前皮膚科

神保町もりたメンタルクリニック

東京大学医学部附属病院

三井記念病院

東京逓信病院

慶應義塾大学病院

東京慈恵会医科大学附属病院

聖路加国際病院

国立国際医療研究センター病院

その他、症状に応じて適宜紹介状を発行していますので、紹介状発行希望の方は受付または診察時にご希望をお伝えください。


【ご注意】(2016年11月1日更新)

・初診の際と月が変わっての受診の際には必ず保険証をご提示ください。保険証をお忘れの場合、当日10割お預かり、後日精算となります。

・混んでいるか空いているか目安表を更新しました。

平日夜と土日は混み合いお時間をいただくことがあります。お急ぎの場合や余裕を持って診療時間を確保したい場合には可能であれば前半や後半の早めの時間帯の診療受付をオススメしています。

・診療時間は11:00~14:00(11:00受付開始、13:45受付終了)、16:00~20:00(16:00受付開始、19:45受付終了)です。受付時間外はビル8階のドアのロックが掛かっており、受付時間内になると開くようになっています。

・当院は大人を対象とした内科、循環器内科です。小児、妊娠中、授乳中の場合はそれぞれ専門科の受診をお願いしています。

・当院には内視鏡、点滴、入院設備がありません。ご希望の場合は対応設備のある医療機関の受診をお奨めしています。CT/MRI等検査をご希望の際には連携医療機関へ御紹介の連携体制となっています。

都内の医療機関検索は以下の東京都等が運営するものが役に立ちます。

東京都保健医療情報センターひまわり:☎ 03-5272-0303

東京消防庁救急相談センター:☎ 03-3212-2323 (または#7119)

母と子の健康相談室:☎ 03-5285-8898(または#8000)

東京都医師会「夜間・休日診療案内」


【お茶の水内科お問合せ】

受診専用窓口:03-5577-6513

月木金土日(火祝休診)、受付時間:11:00-13:45、16:00-19:45

上記電話番号は患者さん向けの受診専用窓口になります。それ以外のご要件の場合はメールにてお願い申し上げます。営業メール、個別の健康相談等に関するお問合せには基本的に返答出来かねます。予め何卒ご了承ください。

info@ochanomizunaika.com


 

最新記事

PAGETOP