論文紹介

安定狭心症、左前下行枝の隔離病変に対して第2世代薬剤溶出性ステントによる経皮的冠動脈形成術と冠動脈バイパス術の長期臨床転帰を比較した研究「Long-term clinical outcomes of coronary artery bypass graft surgery compared to those of percutaneous coronary intervention with second generation drug eluting stents in patients with stable angina and an isolated lesion in the proximal left anterior descending artery」の結果が発表されました。

PAGETOP