2020/3/1、COVID-19と心血管疾患、薬物療法、死亡率について調べた研究「Cardiovascular Disease, Drug Therapy, and Mortality in Covid-19」の結果についてまとめました。

2020/3/1、COVID-19と心血管疾患、薬物療法、死亡率について調べた研究「Cardiovascular Disease, Drug Therapy, and Mortality in Covid-19」の結果についてまとめました。COVID-19は心血管疾患例に対して不釣り合い(disproportionately)に影響している可能性があります。ACE(angiotensin-converting–enzyme)阻害薬、ARB(angiotensin-receptor blockers)の有害な影響の可能性について懸念が浮上しました。2020/12/20から2020/3/15まで、「Surgical Outcomes Collaborative registry」に登録、2020/3/28までに死亡または生存退院の記録のある、アジア、ヨーロッパ、北アメリカの169施設の病院の観察研究のデータベースを用いて、COVID-19入院例における心血管疾患、薬物療法、入院中の死亡について調べました。結果、解析の時点で、8910例のCOVID-19の入院データを収集しました。515例(5.8%)は入院中に死亡、8395例(94.2%)は生存退院しました。入院中の死亡リスクを高める独立した関連因子は、65歳以上(死亡率 10.0% vs 4.9% 65歳未満の場合と比較して OR 1.93 95%CI 1.60 to 2.41)、冠動脈疾患(10.2% vs 5.2% 冠動脈疾患なしの場合と比較して OR 2.70 95%CI 2.08 to 3.51)、心不全(15.3% vs 5.6% 心不全なしの場合と比較して OR 2.48 95%CI 1.62 to 3.79)、不整脈(11.5% vs 5.6% 不整脈なしの場合と比較して OR 1.95 95%CI 1.33 to 2.86)、慢性閉塞性肺疾患(14.2% vs 5.6% 慢性閉塞性肺疾患なしの場合と比較して OR 2.96; 95% CI, 2.00 to 4.40)、現在の喫煙(9.4% vs 5.6% 元喫煙者または非喫煙者と比較して OR 1.79 95%CI 1.29 to 2.47)を認めました。ACE阻害薬の使用(2.1% vs 6.1% OR 0.33 95%CI 0.20 to 0.54)、ARBの使用(6.8% vs 5.7% OR 1.23 95%CI 0.87 to 1.74)は、いずれも院内死亡率の増加とは関連を認めませんでした。観察研究の結果、心血管疾患とCOVID-19入院例の院内死亡率リスクの増加は関連している可能性が示唆されました。ACE阻害薬、ARBは懸念されていた院内死亡率に対して有害な影響は認められませんでした。詳しくは論文をご覧ください。
https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa2007621
COVID-19の重症化リスクについて、65歳以上、冠動脈疾患、心不全、不整脈、慢性閉塞性肺疾患、喫煙は死亡率の増加と関連を認めました。ACE阻害薬、ARBは関係が否定されました。日経メディカルにも記事がありました。
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202005/565567.html


PAGETOP