2021/4/22、体重管理としてcagrilintideとセマグルチド2.4mgの併用の安全性、認容性、薬物動態、薬力学について調べた研究「Safety, tolerability, pharmacokinetics, and pharmacodynamics of concomitant administration of multiple doses of cagrilintide with semaglutide 2·4 mg for weight management: a randomised, controlled, phase 1b trial」の結果が発表されました。

2021/4/22、体重管理としてcagrilintideとセマグルチド2.4mgの併用の安全性、認容性、薬物動態、薬力学について調べた研究「Safety, tolerability, pharmacokinetics, and pharmacodynamics of concomitant administration of multiple doses of cagrilintide with semaglutide 2·4 mg for weight management: a randomised, controlled, phase 1b trial」の結果が発表されました。20週後、体重の平均減少率はセマグルチド2.4mgと併用、プラセボと比べてcagrilintide1.2mg、2.4mgで大きく減少(15·7% [SE 1·6] for cagrilintide 1·2 mg and 17·1% [1·5] for cagrilintide 2·4 mg vs 9·8% [1·2] for pooled placebo cohorts 1–5; estimated treatment difference of −6·0% [95% CI −9·9 to −2·0] for cagrilintide 1·2 mg and −7·4% [−11·2 to −3·5] for cagrilintide 2·4 mg vs pooled placebo)、cagrilintide4.5mgはプラセボと比べて大きく減少(15·4% [1·3] vs 8·0% [2·2]; estimated treatment difference −7·4% [−12·8 to −2·1])を認めました。cagrilintideとセマグリチド2.4mgの併用投与は容認良好で、安全性プロファイルは許容可能でした。さらなる大規模、長期試験によって本併用治療の有効性、安全性を評価する必要があります。
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)00845-X/fulltext
cagrilintideはアミリン受容体活性化薬で、日本未承認です。GLP-1受容体刺激薬のセマグリチドと併用で、最大で17.1%の体重減少を認めたとの報告です。劇的な効果ですね。

PAGETOP