知人の腎臓内科医がYoutubeチャンネル「Dr.おかめの腎のおはなし」を始めました。

知人の腎臓内科医がYoutubeチャンネル「Dr.おかめの腎のおはなし」を始めました。独特のシュールさとなぜおかめなのかというツッコミを感じつつも、いつの間にかとりこになってしまう謎の中毒性があります。腎臓の場所の説明、腎臓の機能の説明、腎臓の検査の説明など、とてもわかりやすいのでぜひ一度ご覧ください。

・「女医がDr. おかめになるまで」→https://youtu.be/mATh5r2dR1M

・「腎臓はどこにあるの?」→https://youtu.be/cRUDhrDQda8

・「腎臓は体のゴミ処理場」→https://youtu.be/vsxoAezqi1o

・「あなたの腎臓は何点?」→https://youtu.be/k-DkmhHqpsg

・twitter「Dr. おかめ@腎」→https://twitter.com/Dr_okame

動画でおかめ先生が「腎臓は倒産直前まで症状が出ない」と指摘していますが、腎機能は低下しても最後の最後になるまで本当に症状がないこと、さらに一度低下した腎機能をもとに戻す治療法がほとんどないことが重要です。これが、症状がなくても腎臓病の精査や治療をしなければならない理由です。また腎機能の評価は、尿検査ではなく、採血検査で調べる必要があるというのもあまり知られていないかも知れません。腎機能低下で腎臓が機能していない状態まで悪化すると透析が必要になりますが、現在、日本人の透析導入原因の半分以上が、糖尿病による糖尿病性腎症と、高血圧症による腎硬化症の2つで、発見や対処が早ければ早いほど、腎機能の悪化を防ぐことが出来ます。当院非常勤の腎臓内科医の森医師も「Dr.おかめ」の取り組みを応援しています。

https://xn--v6q559gj6ehpa.com/archives/965

当院では非常勤医師の森医師が非常勤で腎臓内科の外来を行っています。腎疾患は原則対面での診察が必要です。腎疾患は原因や程度によって千差万別で、twitterや電話では簡単に回答出来るものではないからです。森医師がこのたび受診時のガイドラインをまとめましたので、ご確認ください。

https://xn--v6q559gj6ehpa.com/archives/953

私が感じたことは、一勤務医であろうと一開業医であろうと、現場の強い課題感と、臨床課題をなんとしても解決したいという強い使命感があれば、誰でも情報発信を出来る時代になったということを実感します。撮影も動画編集の技術も話し方も未熟かも知れません、でも、そんなことは関係なくて、腎臓のことをもっと知って欲しいという純粋な想いが動画から本当に伝わって来ます。強い想いがあれば、他のことはなんとでもなるということを実感しました。現場からの直接の医療情報の発信の流れはこれからさらに加速していくことは間違いないと確信しました。また何か面白い取り組みがあれば積極的に紹介して行こうと思います。


【お茶の水循環器内科になりました】
お茶の水循環器内科院長の五十嵐健祐と申します。当院は2014年秋、「心血管疾患の一次予防」を理念に神田小川町にてスタートしました。2016年春、現在の神田神保町にお引越し、2018年春、医療法人化に伴い、循環器専門の医療機関として生まれ変わりました。我々の使命は「世の中から救えるはずの病気をなくすこと」です。世の中には救える病気とそうでない病気があります。その中で、心筋梗塞と脳卒中は血管の故障が原因であり、血管を守ることで予防が可能です。血管を守るとは、具体的に、高血圧症、脂質異常症、糖尿病、喫煙、心房細動、慢性腎臓病等の心血管疾患の危険因子に対して適切な治療介入と治療継続をすることです。そのためには、夜間も土日でも通院しやすいように、夜間も土日も診療をオープンにし、循環器疾患の一次予防、二次予防のために診療を行っています。
ミッション→https://ochanomizunaika.com/mission
しかしながら、我々の理念とは無関係に、ただ夜も空いていて便利だから、ただ土日もやっているからという理由だけで患者さんが殺到し過ぎてしまい、2018年冬、診療体制の継続が困難な事態に陥ってしまいました。2018年春、ゼロベースで、「その医療は心筋梗塞を減らすだろうか?」という行動規範のもとに全ての診療体制の見直しを行い、2018年春には医療法人化に伴い、「お茶の水循環器内科」として循環器専門の医療機関に生まれ変わりました。今後とも夜間も土日も診療をオープンにし、高血圧症、脂質異常症、糖尿病、喫煙、心房細動、慢性腎臓病等の心血管疾患の危険因子に対して適切な治療介入と治療継続、循環器疾患の一次予防、二次予防のために診療を行っています。心筋梗塞と脳卒中を防ぎ、「世の中から救えるはずの病気をなくすこと」、これが我々の使命です。詳しくは上記ページに医療法人社団お茶会のミッションをまとめましたのでご覧ください。新しく生まれ変わったお茶の水循環器内科をどうぞよろしくお願いいたします。
2018年4月1日、お茶の水循環器内科院長五十嵐健祐

【具体的な診療範囲】

当院は循環器専門の医療機関です。循環器とは心臓と血管を専門に診る診療科です。具体的には、狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患、抗血小板療法、抗凝固療法、心房細動を始めとする不整脈、高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、慢性心不全などの循環器疾患です。循環器の診療範囲を具体的にまとめました。
・冠動脈疾患(急性心筋梗塞、労作性狭心症、他)
・心筋梗塞後、ステント留置後の管理、抗血小板療法
・慢性心不全の管理
・心臓弁膜症(僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、他)
・人工弁置換術後の管理、抗凝固療法
・心筋症(拡張型心筋症、肥大型心筋症、他)
・不整脈(上室期外収縮、心室期外収縮、房室ブロック、心房細動、他)
・心房細動の抗凝固療法、心原性脳塞栓症の予防
・脳卒中、脳血管障害、脳梗塞(ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症)、脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作、脳卒中後の管理、二次予防、再発予防
・高血圧症、二次性高血圧症
・脂質異常症、家族性高コレステロール血症
・糖尿病、糖尿病合併症の管理
・慢性腎臓病
・睡眠時無呼吸症候群
・その他、健診の再検査、食事指導、運動指導、禁煙外来、など
以上、心臓と血管を専門に診る診療科が循環器です。脳梗塞や脳出血等の脳血管障害、脳卒中は脳神経内科や脳神経外科が診ることも多いですが、どちらも血管の故障の予防という意味では一次予防、二次予防としてやるべきことは循環器と共通です。高血圧症、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病等の生活習慣病も循環器病のリスク因子という点で循環器の守備範囲です。心筋梗塞や脳卒中にならないようにする、なってしまっても再発しないようにする、というのが循環器の仕事です。

PAGETOP